FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイツのアンスコ考

スクールメイツのアンスコの特徴は「白のフリルなし」という点にあります。
言うなれば「白いブルマ」のような見た目と質感?があるように思います。

mates001.jpg

下の画像はリンク先の大阪Z80さんから拝借してきました。
ターンした際に見せてくれるお尻のむっちり感は、生パンを想像させてくれる効果もあって、健康的なお色気を十分に感じさせてくれます。

n5504_sm2_10.jpg

しかしそんなメイツのアンスコにも「例外」があります。
何とフリルの付いた白が存在していました。

frill mates01

コスチュームはオーソドックスないわゆるメイツスタイルそのものですが、この当時の甲子園チアと同じような、恐らくは市販のテニス用のアンスコを着用しています。

frill mates02

アンスコが変わったからと言って、決してメイツの健康的なお色気が損なわれているわけではないんですが、テレビの画面で見慣れているメイツからはどうしても違和感があるのは否めません。

frill mates03

この一連の画像はSA誌等々からの拾い物につき、撮影場所その他のデータは不明です。
ただどうやら地方のイベントで撮影されたのは間違いないようです。

かつてメイツの全盛期には東京だけでなく、大阪、名古屋、広島、福岡などに学院の分校があって、それぞれの地域で「ローカルメイツ」が活躍していました。
森口博子さんが福岡のメイツで活動していたのは有名な話ですが、丁度今のAKBの姉妹グループが各地方で活動を展開しているのは似たような現象と言えるでしょう。

frill mates04

ここからは一つの仮説になるんですが、伝統のフリルなしの白アンスコはメイツ用に誂えられた「特注品」で、恐らくは上に着けているプリーツスコートよりも高価なものではなかったか、ということです。

それゆえ予算的なこともあって、テレビ出演等の機会がどうしても限られてしまう地方のメイツたちまでには十分に行き渡らず、やむなく安価な?市販のテニス用アンスコを着用せざるを得なかったのかなと思われます。

以前にも述べましたが、メイツのアンスコ(キャル)は立派なステージ衣装の一部であり、単に「見えてもいいもの」ではなくむしろ「魅せるためのもの」。

こうした思想があるからこそ?シンプルで見方によっては野暮ったいデザインであるにもかかわらず、我々ファンを永遠に引きつけて止まない魅力があるんでしょう。

数多くのメイツたちから選抜されたヤングメイツの女の子が、レッツヤンのステージを笑顔いっぱいに飛び跳ねて、アンスコを惜しげもなく見せびらかしていたのは、見せる喜びとプライドに満ち溢れていたからこその賜物であったと信じます。
スポンサーサイト
[PR]

sidetitleプロフィールsidetitle

れっつやん

Author:れっつやん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。