FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若さと躍動感

69年から74年まで、NHKで「ステージ101」という番組が放映されていました。
アメリカの「ヤングアメリカンズ」というテレビ番組にヒントを得て制作されたということですが、いろいろな意味で当時のNHKとしては画期的な番組でした。

中でもインパクトがあったのは、ミニスカート姿で歌い踊る女性陣でした。

young101 poster

これは番組の公式ポスターですが、「パンチラ」がはっきりと確認できます。
折角なのでその部分を拡大してみましょう。

young101 posterup1

young101 posterup2

young101 posterup3

当時のお堅いNHKが「記録」としてパンチラを公認しているわけです。
これは番組のコンセプトである「若さ」を強調する意味合いがあったんでしょう。
若さを象徴する超ミニスカート、そしてそのスカートがめくれ上がることで躍動感も強調される。
パンツが見えているくらいで丁度いいという判断になったと思われます。

young101 glay

同じコスチュームでこんな画像もあります。
これなどはある意味ローアングルから「狙っている」わけで、チアガールがまだ一般的とは言えなかった40年前、それも天下のNHKとしては画期的ともいえます。

young101 eiko

これは70年1月23日号の「週刊ポスト」のグラビアです。
お色気に言及しているのはいかにも同誌らしいですが、これとて当然NHKの許可がなければ撮影できないショットです。
見事なハイキックを披露しているのは初期のダンスの中心メンバーだった江崎英子さんです。
ちなみに表示のある「ヘアー」とは何もヘアヌードのことではなく、当時大ヒットしていたミュージカルの題名です。(主題歌の「輝く星座」はスタンダードナンバーとして有名になっています)

以下、厳密にはブログのタイトルにはそぐわない画像ですが、敢えてご紹介しましょう。

young101 hatsumi

これは農協系の雑誌「家の光」の70年5月号からですが、こうした雑誌にも掲載されたことが、ある意味当時のインパクトの大きさを物語っています。
バトンの演技を披露しているのは、プロのバトントワラーで且つ101のメンバーでもあった小原初美さんです。

young101 red

お馴染みの「伝説の赤いワンピース」のルーツというか、もともとはこちらがオリジナルでした。
これでアンスコが白だったら最高なんですが(笑)、101ではスカートとアンスコは同色という原則があったので仕方ありません。
でも赤や黄色のアンスコも結構キュートです。

こうしてご覧いただくと、スクールメイツに相通ずるコンセプトがあるのがおわかりいただけると思います。
その流れで最後にお宝?画像を1枚。

young10174.jpg

74年3月31日の番組最終回のキャプ画像です。
数年前に再放送されたことがありますし、NHKオンデマンドでも視聴できるようです。
センター右側で黄色いアンスコを見せてくれているのは、スクールメイツにも在籍していた太田裕美さんです。
若さと躍動感には、パンチラは欠かせぬアイテムといっても過言ではないでしょう(笑)。





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

若者たち・・。

Nの英断、いや本音なのかな。
受信料対策?、上にジャケットならフォーマル風。
トレーナー(この言葉は当時なかったかも)はカジュアル。
N-ETV、にこにこぷんのような幼くみせた衣装。
堅い硬い上層部からの目線を多分に意識しながら少しずつ崩していったのでしょうね。
私はノースリーブ、かつ白ソックスに萌えますが。

いつも貴重な資料をみせていただいてうれしいです。

No title

>YYさん
いつもコメントありがとうございます。

NHKが従来のお堅いイメージを少しでも払拭すべく?この番組でいろいろな試みをしていたのは事実です。

「東洋最大」(当時はよくこの表現が使われたものです)とも称された101スタジオを使用したのもその表れでしょう。

広いスタジオで歌い踊り飛び跳ねる。
番組後期にはジーンズ姿も時々見られましたが、こうしたシーンにはやっぱりミニスカートは欠かせません。

例えばレオタードやホットパンツスタイルでもそれなりに魅力的だとは思いますが、スカートの裾がめくれ上がることでより視覚的効果が強調されるような?

この時代、世間的には第1次ミニスカートブームの頃でした。
「Oh!モーレツ」のCMがお茶の間(これも当時表記です)を席巻し、東京12チャンネル(これまた当時表記)では「プレイガール」が放映される。

101が始まったのは丁度そんな時代です。
言わばTVにおけるパンチラが(一部からは顰蹙を買いつつも)一般に認知されてきた時期にもあたります。

NHKとしてはこうした時流?にひそかに乗っかろうとしたという魂胆もあったのかも知れません。

初美お姉さん

ステージ101本当に懐かしいです。
貴重な数々の写真を披露していただきありがとうございます。

さて、ステージ101メンバーの中でも特に忘れられないのが、
バトントワリングをよく見せてくれていた初美お姉さんです。
なぜこう呼ぶかというと、ステージ101終了後初美さんは、
73年の小2向け教育番組であった「なかよしリズム」のお姉さんになりました。
もう40年近くも前のことになるのに初登場の時のことは強烈に印象に残っており、いまだに忘れることができません。
初美お姉さんは当時の流行だったごく普通の(ステージ101のような制服っぽいものではない)グレーのミニスカワンピースで出てきて、いきなりハイキックをしながらバトントワリングを始めたのです。
スカートの中は当然丸見え、グレーのミニスカートの中から現れたそれは、眩しすぎるほどの純白でした。
心臓が凄くドキドキしました。
まだ性に目覚めきっていなかった少年にとっては、
あまりにも強すぎる刺激、そして、異常なほどのときめき感を伴うものでした。
教育番組の清純なお姉さんがこのような姿を見せてくれたことは、今でも信じがたいことで、
当時のプレイガールのパンチらよりはるかに激しい興奮と感動がありましたね。

長文たいへん失礼いたしました。

No title

>>rhythmさん

件の「なかよしリズム」についてはネット上のコメントでは何度か拝見しているんですが、小生は残念ながら映像を見たことがありません。
でも確かに想像するだけで十分に興奮しますね。
さすがに白アンスコ着用だったとは思うんですが、普通のミニスカワンピースだったということはひょっとして「生パン」だった可能性もあったりして?
こうした妄想は楽しいものです。

101のメンバーは小生から見ても当時みんな「お姉さん」だったわけですが、その中では年少だった初美さんはキュートなルックスと華麗なバトン捌きも相まって特に魅力的な存在でした。

この時代のバトントワラーはまだレオタード姿は少なく、あくまでミニスカートが主流だったと思います。
初美さんにしてみれば、スカートがめくれようがアンスコが何色であろうが、ミニで歌い踊ることに抵抗はなかったんでしょう。
まだバトントワラーそのものがそれほど数多くなかった時代でもあります。
トップトワラーとして「見せる」ことにある種の「矜持」があったのではないでしょうか。

No title

ご丁寧なレスありがとうございました。
世間的にはたかがアンスコということになりそうですが、
れっつやんさんの深い鋭い洞察力による文章には強く引き込まれます。
アンスコの話題を高い知的レベルにまで引き上げて論じる点はいつも感心するばかりです。
現在では、このような話題は社会的価値観の変遷やメディアよる様々な制約により、
オープンに語られることも憚られる時代になってしまったのは個人的には残念ですが、
今はネットで語ることができるのはありがたいことですね。

>まだバトントワラーそのものがそれほど数多くなかった時代でもあります。
>トップトワラーとして「見せる」ことにある種の「矜持」があったのではないでしょうか。

このご指摘はその通りだと感じました。
女性の社会的地位が高まり社会進出が進む過程で、
初美お姉さんは、開放的かつ健康的に「見せる」ことで、強い自己表現をしていたのだと思います。


さて、当時の初美お姉さんが着ていた衣装がどのようなものだったのか、
遠い記憶を辿りながらネット上で探してみましたが、なかなかピッタリのものは見当たりませんでした。
しかし、敢えて挙げればこの写真の一番左の女の子が着ているものに近かったのではと思われます。
http://dnaimg.com/2011/03/27/long_legs_and_short_skirts/long_legs_and_short_skirts_002.jpg
さらにポロシャツ風の胸元のボタンと襟を付ければ、スカートの先がまさにこのような感じだったので、
ほぼ完璧なイメージが出来上がるかと思います。
(無理すればチアの衣装に見えなくもないが、明らかに街中でよく見ることのできた普通の衣装でした)
加えてさらに白のハイストッキングを履いていたことが、ときめき感をさらに増幅させてくれました。
初美お姉さんは、このような清純イメージの衣装とキュートなルックスにより、
当時の純情な少年に対して、まさしく理想のお姉さん像を体現してくれたわけです。


なお、この番組は、2週続けて同じ回を放送という編成でしたが、夏・冬・春休みに再放送されたので、
全てを観ることができました。
1回と2回は、この衣装で、3回目は、ホントに普段着という感じのセーターにチェックの巻スカート姿でした。
巻スカートだとミニでも意外に見えないんですよね。
ドキドキしながらもオープニングでは全く見えず。
しかし、番組の最後で素晴らしい展開が。
当時流行っていた「キャンディーマン」を歌い、踊りました。
横にステップを踏んで最後にハイキック、というよりもサッカーボールを斜めに蹴り上げるような振りの連続。
わざわざスカートの中がよく見えるように考えられたかのような振付でした。
これはさすがに驚きましたが、驚いてばかりもいられず脳裏にしっかりと焼き付けるべく凝視したものです。
色はやはり眩しすぎるほどの純白。
もちろん生パンです。
そのままで家にいても不思議はないような普段着っぽい服装だったので、アンスコなどということは絶対ありえません。

妄想であることはいうまでもありませんが・・・(笑)

そして、この3回でスカート姿での出演は終了となりました。
その後は全てジーンズ姿。
やはり、教育番組としては、あまりにも不適切表現で、
どこぞの筋から問題を指摘されたのであろうことは容易に想像できますね。

当時、萌えという言葉はありませんでしたが、
まだ幼かった私にとっては、究極に近い萌え体験だったのではないかと思います。

おそらくビデオはほぼ間違いなく処分されているでしょう。
時を取り戻すことはできませんが、
こうして初美お姉さんのことを思い出していたらその時の少年に戻ってしましました。
お恥ずかしい限りですが・・・。

長文乱文、たいへん失礼いたしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>rhythmさん

ミニスカート→ジーンズという流れは本家の101でも見られましたね。
最もこちらは完全にジーンズ化したわけではなく、番組の途中で衣装替えをしたりとかいうパターンでしたが。

これはさすがに教育的見地wからではなく、ジーンズが「ナウなヤングのファッション」(当時表記です!)として定着してきた流行を取り入れたものだったと思います。
101の場合男女混合でもあったので、ジーンズにより全体的な統一感もとりやすいというメリットもあったでしょう。

でもお姉様たちがジーンズ姿で出てくると、子供心に何となく淋しい気持ちになったのはよく覚えてます(笑)。
当時の感覚としてはパンチラへの期待云々より、むしろお姉様たちのムチムチした太腿を拝めないことの悔しさの方が上回っていたような気もします。

本文にも書きましたが、101では「ミニスカートと同色のアンスコを穿く」という原則がありました。
「伝説の赤ワンピース」などは確かに着用回数が多かったと思いますが、それ以外にも衣装は何色もあったはずで、それに対してわざわざアンスコも用意されていたわけです。
つまり「パンツ1枚に至るまでお金を掛けていた」(笑)ということで、当時の看板番組としてそれだけ気合を入れていたということも言えます。

それに対してなかよしリズムは教育番組でもありますし、制作費用はおのずと限られていたと思います。
恐らくは初美さんの衣装もひょっとすると自前かそれに近いものがあったでしょう。
となるとわざわざアンスコを用意することもなく、生パンで踊っていた可能性は十分にありますね。

オレンジのワンピ

こんばんは。
48年紅白の『私の彼は左きき』でバックダンサーをつとめたときのワンピ?(ワンピースと呼ぶべきかw)でしょうか。
白ブーツで高くジャンプされてる画像も、そそられますw。
寸胴なイメージのファスナータイプよりピチッとしたストレッチタイプに、そそられてしまいます。
紅白の時はストレッチタイプだったとこをみると、メイツは両方所持してるのでしょうか。
どういう基準で履き分けていたのかも、気になるところですね。

自前の衣装

自前の衣装

そーいえば、意外に当時のテレビ番組は自前の衣装が多かったようですね。
87年から6年間おかあさんといっしょの歌のお姉さんだったゆう子お姉さんも
当初は自前衣装だったが、後にメーカーが提供してくれた衣装を着ていたそうです。
このお姉さんもなかなかセクシーで大好きでした。
ストッキングを着用してましたが、パンチら(NGワードみたいですね)を披露してくれたこともありましたよ。
これは当然生パンだったでしょうね。

それはともかくとして、れっつやんさんがこのブログで取り上げられておられたステージ101の泉さんのお話についても、
私もかなり鮮明に記憶しておりました。
101スタート当時は全部白だったような記憶があります。
色が変わったのは、かなり経ってからではないでしょうか?
あれだけのミニでもなかなかスカート中身は見えなかったものですが、
現在NHK FM「ベスト・オブ・クラシック」で司会をされている山田みやこさんが、
黄色いミニからチラリと白いものを露出させたことがあったのを憶えております。

さて、話を元に戻しますと、初美さんの衣装ですが、
局でわざわざ用意するような形状のものではなかったので、
ほぼ間違いなく自前の衣装だったのではないかと考えられます。
当時の歌謡番組、特にNHKではダンスが重視され、
バックダンサーが目立つシチュエーションが今よりずっと多かった気がします。
そして、スクールメイツ以外でも普通にスカートの中身は白の場合が多かったように思います。
アンスコというものを全く知らなかった少年には、
それは、下着、つまり女性特有の下着であるパンてィーにしか見えませんでした。
当時小学生でしたが、自分の同級生のように低年齢の場合は、下着を見せても(見えても)大丈夫。
大人の場合は、決して見せてはならない、それは凄く恥ずかしいことである。
このようなことは子供心に理解しておりました。
しかし、これには例外があって、音楽に合わせて踊る場合は、
見えるのが当然なのであって、パンてィーが見えてもかまわないものなのだ、といういわば公式のような理解が生まれました。
おそらく初美お姉さんもこのような意識で、自分の得意のダンスを披露することに主眼があるのだから、
その限りで「見えても全然平気」という感覚で踊っておられたのではないかと想像しております。
だからこそ、あれは生パンだったのですね(論理に飛躍ありすぎですがw)。

そういえば、当時は全く気にも留めなかったことで、
このブログの写真を見せていただいてかなり驚いたんですが、
101のお姉さんたちは、みんな生足だったんですね。
ちなみに、なかよしリズムの初美お姉さんも生足でした。

No title

>>W.B.さん

件の「わたしの彼は左きき」の映像は小生もよく覚えていますが、これはコスチュームもブーツもメイツが101から丸ごと拝借したものではないかと想像しています。

なぜこのコスになったかは定かではありませんが、この年の紅白では「恋する夏の日」のバックでメイツがテニスラケットを持ちながら乱舞するというシーンもあったので、敢えてコンセプトを変えてのキュロット?スタイルではなかったのかとも思います。

のちにメイツが伝説の赤いワンピースを着用するようになったのは、ひょっとしてこの時の「拝借」が一つのきっかけになった可能性はありますね。

101ではジーンズ姿の時は別にして、白ブーツは欠かせぬアイテムでした。
それゆえファスナータイプ、ストレッチタイプ等々複数のブーツが使われていたのは間違いないでしょう。


>>rhythmさん
自前の衣装、あるいは生足からチラチラする「白」はまた違った味わいがあって魅力的ですね。

101はボーカルもダンスもかなりハードなレッスンで鍛えられた集団だったという話を聞きます。
そんな状況だったからこそ、いざ本番になって踊っていれば、ミニスカートがめくれ上がることなどほとんど気にならなかったのでは?とか勝手に想像してしまうわけです(笑)。

バトントワラーとしてある程度「免疫」のある?初美さんは勿論、他のお姉様たちもスカートの下が何色であろうが余り気にしない?
拙ブログの初稿の「伝説の赤いワンピース」でご紹介した、赤の中に白が混じっているという現象も、ひょっとするとそうした空気の中での産物だったのかなという気もしております。

恋する夏の日

紅白の動画を見て思ったのですが、真理ちゃんはストームの厚い白ロングで、メイツはテニスルックでしたよね。
イントロでマイクの所まで走る真理ちゃんの走り方が気になってしまいました。
真理ちゃんといえば運動神経がほとんどゼロだし、フィンガー5やピンクレディなら履きこなせる厚底ブーツでも、駆け足は難しいのかな?
歌唱中の振りも、フィンガーやピンクほど派手じゃなかったのは、運動神経の差?
あの時代は、アイドルとの距離が遠くて、異次元の存在のようなところが逆に良かったですよね。
sidetitleプロフィールsidetitle

れっつやん

Author:れっつやん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。