FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はみ出しそう

現在都市対抗野球が開催されています。
都市対抗と言えば、かつてはお色気たっぷりの白アンスコチアの宝庫で、名場面も数多くあるんですが、ここでは敢えてちょっと違う画像をご紹介しましょう。

sumikin.jpg

これは住○金○和○山のチアです。
(実は小生、長年に亘り同じ関西の神○製○のチアと思い込んでおりましたが、リンク先のプチッティさんの情報では上記が正解のようです)

スパンコールのレオタードというだけで十分に刺激的なんですが、何といっても注目すべきはこの角度です。
明らかに「はみ出しそう」なのがよくわかります。

これは82年のSA誌の増刊号に掲載されたものです。
ということは少なくとも81年以前の夏の後楽園で撮影されたものでしょう。
この時代に果たしてプチッティなどに代表されるようないわゆる「ヒモパン」が存在していたのかどうか、甚だ疑問であります。
また仮に既に存在していたとしても、この角度なら着けていたらまずはみ出してしまうでしょう。

後年のレースクイーンのように、肌色のタイツでガードしている様子もありませんし、ちょっと確かめにくいんですがパンストすらも着けていないようにも見えます。
即ち「レオタードの直穿き」の可能性がかなり高いように思われます。
胸の部分は全く不明ですが、下がすっぽんぽんなのにブラだけ着けているのもある意味変ですし、本当に何も着けていないのではなどと勝手な妄想もしてみたりします(笑)。

都市対抗は企業チームの活躍の場で、企業対抗の意味合いも強い大会です。
ミニスカ&パンチラは他社のチアもやっているので、我が社は違う路線で対抗しようという発想は当然出てくるはずです。
そこでレオタード、それも究極のハイレグで勝負しよう。
こうした応援合戦がエスカレートする中でこうしたコスチュームが生まれたんではないでしょうか。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 今回も楽しませていただいております。
私もこのスパンコールのレオタード好きですね。
画像では分かりませんが、このチアは白のロングブーツを穿いています。それにも萌えます。
スパンコールのレオタードもさることながら刺激的なのは胸と腰のあたりに付けられている黄色いヒモです。もし、数えてみたなら大変な本数が付いているハズです。
特に腰のヒモはレオタードに付いている短いスカートの代わりととして付けられているのでしょうか?あくまでも飾りだと思いますが私にはそれでは済まされない何かしらソソられるものが有り、見る人を欲情させるアイテムのように思えてなりません。
チアの動きに合わせてヒラヒラ、ユサユサと時には激しく時にはゆっくりと揺れてじれったく、エロいと思います。
思わず引きちぎってやりたいような危ない妄想をしてしまいました。
幾度もレオタードを着て応援をしているとチアの踊った足元にちぎれた黄色いヒモが落ちていたかもしれません。

No title

>>BTkillerさん

いつもコメントありがとうございます。
「ヒモ」とは鋭い着眼点だと思います。

他の記事でもご紹介しておりますが、伝統的なミリタリー調のバトントワラーのコスチュームには「レイヤー」と呼ばれる肩紐が装備されていますが、ここでのヒモは明らかにそうしたものとは違います。

またいわゆる「可愛い系」のコスチュームなら、装飾のアクセントの一環として不自然さはないんですが、こうした言わば「エロ系」のコスチュームだとおっしゃるようにある種違ったものを想像させてくれますね。

スパンコールの生地が紺色なので、こうしたナイターのカクテル光線に映えることを想定しての「ヒモ」だったんでしょうか。

でもこのヒモがちぎれて股間に入ってしまうなどということはなかったのか、余計な心配というか妄想をついしてみたくなりますね(笑)。

No title

こんばんは。
このレオタード娘の足元が白ロングだとは、知りませんでした。
是非ともA352であった事を願ってやみません。(笑)

都市対抗→企業チア→白ロングと来れば、
『ダイシス』の星条旗ワンピ、稲妻ワンピにA352の雄姿が思い出されます。
私の給与から年間、100円×5口×12ヶ月=6夏目(当時)もの野球部後援会費で、コスチューム代の一部に充当されていたハズなんですよ。多分。
1口100円でも入会できたのに、事務所のおねえさんに見栄はって5口も申し込んだという経緯です。

『ダイシス』、野球部が休部後も細々と活動されてた様子ですが、かつての星条旗ワンピと日パレA352での活動は無さそうです。
都市対抗応援専用コスだったのでしょう。
雨天試合の時は、濡れたベニア板ステージ上でA352のギザではグリップ不足でスリップ転倒するかも知れず、ルーズソックスにスニーカーという組み合わせの時もありましたよ。

No title

>>W.B.さん

こうしたいわゆる「大人のチア」の白ロングブーツ姿というのは、独特のお色気に満ち溢れていて素敵ですね。

以前にも書きましたが、白アンスコと白ロングブーツの組み合わせにはお互いを引き立てあう相乗効果があるのに対し、レオタードと白ロングブーツの組み合わせには、膝から下を隠すことによって太腿のむっちり感をより強調する効果があると思います。

アンスコに限らず「ブーツも白」ということが言えるかもしれません。

「ダイシス」についてはいずれ当ブログでも必ず取り上げなければいけないというある種の使命感を感じております(笑)。

No title

こんばんは。

白ブーツの魅力って、何なんでしょう。
ただ、脚の表面を革やビニールが覆っているだけで中身は脚なのに、私は生脚よりそそられてしまいます。

初めてダイシスの応援を見た時は、しびれてしまいましたよ。
都市対抗の応援スタンドが寂しいので、スタンドの人数穴埋めのため、同期入社の新入社員全員でダイシスのステージに対面して座らされました。
A352のハイキックで白フリルのアンスコが目に飛び込んで来た時の感動は今も焼きついていますよ。
ある試合の時は、球場入り口を入った所で両チームのチアがいて、相手チームのチアが『ブーツ、かわいい!』って言ってたのを聞いてしまいました。
相手チアはスニーカーと白いソックスでした。
年間、6夏目もダイシスに投資していたせいか、私も誇らしく感じてしまいました。

No title

>>W.B.さん

白ブーツの魅力について小生なりに考えてみたんですが、「非日常的な部分がある」のではないでしょうか。

ブーツは女性のファッションとして定着して久しいですが、どうしても冬場での出番が多くなるため、黒や茶色が主力です。
普段街中で白ブーツを目にする頻度はそう多くはありません。

この非日常性が、例えばパレードというお祭りの場によく似合っているように思うわけです。
そこへアンスコと同じく「白」の持つ魅力というかある種の魔力(笑)が必要以上にフェチシズムを駆り立ててくれるような?
で、再三述べておりますが、ブーツを履くことで太腿のムッチリ感がより強調されてくるわけです。

白ブーツのルーツはやはりバトントワラーにありそうです。
ここで不思議なのは、軍楽隊の指揮者から発展していったバトントワラーが、何故女性、それもミニスカートというスタイルになっていったかです。

ミニスカートは60年代半ば頃に第一次ブームが訪れるわけですが、それより以前にバトントワラーのミニスカスタイルは既に確立していたのは間違いないようです。

このミニスカートが全体をコーディネートする上で、白ブーツの導入?につながっていったのも恐らくは事実でしょう。

ここでの白ブーツはセクシーさだけでなく、凛々しさも強調するアイテムになっています。
警察や消防のカラーガードがスカートの長さには差はあれど、殆どが白ブーツ着用というのはある種のお約束みたいなものです。

そしてやっぱり、白アンスコと白ブーツの組み合わせは最強です!

黄金の組み合わせ!

 白ブーツに白アンダースコートですか(^v^)!
聞いただけで胸がときめきますね。
でも、今は幻になってしまいましたね(T_T)/~~~。
 小柄で童顔の子には白プリーツスコートに、
白アンダースコート、長身でスタイル抜群、美形の子には
カラーガード風コスに白ブーツ、白アンダースコートを着用して
もらって、かつてあった、ノーパン喫茶の様なお店があればいいですね。

No title

おはようございます。

↑なるほど、『ガッテン、ガッテン』って感じです。(笑)
白ブーツもいろいろありますが、ストレッチタイプは日本だけのようですね。
日パレで作られてるから当たり前なんでしょうけど。
私的には、編み上げタイプとか内側ファスナータイプの白ブーツって、いまいちそそられないんです。
例外的に、オサ〇バ〇ンさんで扱ってるオリジナルブーツは、入手して観察してみたいですね。

太腿むっちりで、膝下がキュッっと締まって、脹脛がまたむっちりなストレッチが最高です。
タイツ併用なら、言う事無しですね。

スコ・タイ・ブーツ。
なんか、ソレタコデュアルみたいで。(笑)

No title

>>s.s,さん

>>W.B.さん

いつも小生の「ツボ」を刺激してくれる貴重なコメントありがとうございまます。

御礼に小生のある意味理想としている画像を下記にupしてみました。

http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/155857.jpg
password : white

いずれ当ブログでupしようかなとも思っていた画像ではありますが、二次元であること、他サイトからの完全な借用であること、またこちらのサイトがアドレスを変えて現在も活動中でいらっしゃることも考慮して、こういう形でのupとさせていただきました。

原作者の方も間違いなく全○本鼓笛バンド連盟のファンであるかと思われます。

最強の組み合わせ

ハイレグスパンコールレオタードに白ブーツ。最強の組み合わせです。そしてこのはみだしそうなまでの食い込みぶり。そして白ブーツを履くことによって見る側にとってこれ以上、刺激的で興奮するバトントワラー姿はないでしょう。これぞバトントワラーという感じです。多くの人が見ている目の前で、あまりにも刺激的なこの姿で踊っている当のバトントワラー本人が一番興奮していると思います。

舞台裏でのハプニング

 スパンコールのレオタードには思い出があります。
もう何十年も前の大学時代の頃、学園祭で私は裏方の手伝いをしていた時の話です。
 舞台裏に次に出演する吹奏楽部と3人のバトントワラーが出番を待っていました。その3人のバトントワラーの衣装がシルバーのスパンコールが全面に貼られたレオタードでした。間近に見るシルバーのスパンコールのレオタードは人目を引き、大胆・刺激的でクラクラしそうでした。
バトントワラー達は出番に備えて最後のウォーミングアップを始めました。上方に投げたバトンをキャッチする、そんな練習を繰り返していた時の事。ひとりのバトントワラーの投げたバトンが手元がくるったらしく私の方へ飛んできてバトントワラーと私はぶつかりました。その時、私の手がバトントワラーの太腿にモロに触れました。残念ながら?!バトントワラーは生脚ではなく網タイツをはいていました。傍から見てもわからなかった事から肌色の網タイツであったと思われます。私に謝り、足早に元の場所に戻るバトントワラーの後姿を見るとスパンコールの性なのか生地の伸縮に乏しいらしくレオタードはすでに無残にも激しくお尻に喰い込んでしまっていました。
私は網タイツ越しに触れたバトントワラーの太腿の感触を生涯忘れることは無いでしょう…。


No title

>>Noroさん

それはまた随分とうらやましい体験をされたものですね。
至近距離にこんな恰好をした女の子がいれば、特に我々のような「趣味」がなかったとしても、興奮することは間違いないでしょう。

レオタードは体操競技その他でもお目にかかることができますが、それがスパンコール付きとなれば、これはバトントワラーだけが着ることのできるある意味「特権」みたいなものですね。

バトントワラーの奥深さを改めて感じてしまう次第です。
sidetitleプロフィールsidetitle

れっつやん

Author:れっつやん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。