FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春のパンチラ

何かとお騒がせの現千葉県知事の出世作となった「おれは男だ!」。
青春ドラマのスタンダードとして語り継がれる名作です。
幾多の名セリフや名場面がありますが、最終回で派手なパンチラシーンがあったのは余り知られていません。

otokoda.jpg

これは小林弘二(モリケン)率いる剣道部の卒業試合の応援に来た吉川クン(早瀬久美)率いる青葉高校のバトン部の面々です。
当時(72年)を髣髴とさせてくれるコスチュームもさることながら、何故かアンスコが不揃いだったりするのが非常に興味深いです。
人気ドラマだったので、人数分のアンスコを揃える予算が無かったとはちょっと考えにくいです。
演出のディレクター氏も、スカートの中までは頭が回らなかったのでしょうか?(笑)

ドラマでは当時の流行語の「ウーマン・リブ」を標榜し、ちょっとトンガったキャラを演じていた吉川クンが、バトンのコスチュームとはいえパンチラを披露する!
このギャップ(笑)に当時小学5年生だった小生は何故か妙に萌えたものです。
思えばこの時の「バトンガールがパンツを見せてくれる」というある種のトラウマ??が、その後の自分のフェチの原点だったのかも知れません。

もともとこの原作の漫画では、主人公の小林弘二は確かに剣道をやっていましたが、吉川クンの方は特に部活はやっていませんでした。
ドラマ化にあたり、女子にも部活をやらせるという演出は当然として、当時はまだメジャーな存在とは言えなかったバトン部を持ってきたというディレクター氏の着眼点はなかなか鋭かったと思います。

ついでと言ってはなんですが、もう1枚同じコスチュームの画像です。
雑誌「平凡」の72年1月号のピンナップの切抜きです。
早瀬久美さんは小生にとってある意味永遠の憧れのお姉様と言えるかも知れません。

heibon hayase

先日ご紹介した全○本鼓笛バンド連盟もそうですが、この山吹色のワンピーススタイルは当時バトンガールのある意味スタンダードとして認識されていた風情もあります。
目立つ色だから華やかさを演出しやすいということもあったんでしょうか。
その5年後の平凡パンチの表紙にはこんなのもありました。

heibon punch nana

当時のトップアイドルの岡田奈々さんです。
アンスコが見えないのは残念ですが、逆に何色だったんだろうと想像する楽しみもあったりします。
レトロと言えば確かにそうかも知れませんが、今でも色褪せない輝きがあると思います。



スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

不揃い?のあんすこ

驚きました。DVDで確かめましょう(笑)
あんすこを統一するという概念がなかったんでしょうね。
もしくは、白が上位者(学年の)という考えかたもありそうですが。
岡田奈々さんは、さわやか(色気少ない)系で同色で予想します。
早瀬さんは太ももふっくらお色気系なので白がびしっときまりますね。

不揃いなアンスコ!!の不思議

「伝説の赤いワンピース」に続いて「青春のパンチラ」も
不揃いなアンスコ!?これはなにかありますね!!
千葉県知事に代表質問したいですね。笑

雑誌「平凡」の72年1月号のピンナップの早瀬久美さん。
私には全く時代を感じさせません!!
早瀬久美さんがこんなにも美しいフトモモの
持ち主であったことを今になって気づきました。
すばらしい「太もも」は時代を超越していますね。

恐縮ですが私のサイトのバトン館第2展示室の
btn02-16やbtn02-17も同じ黄色の類似したデザインの
「バトンガール」を展示しておりますので参考資料として
ご覧ください。

No title

YYさん
大阪Z80さん

不揃いのアンスコの真相は確かめるべくもありませんが、1972年という時代ゆえひょっとすると単純に何も考えてなかったのかなとも思ったりします。

ミニスカートで演技する→スカートがめくれて中が見えちゃう→普通の下着じゃさすがにちょっと恥ずかしい→とりあえず何か穿いておこう

アンスコに対する意識がこの程度のものだった可能性はありますね。
それこそ「生パン一丁」だったバトンガールもこの時代ならどっかに必ず存在していたんではないでしょうか。

おっしゃる通り早瀬久美さんの太腿はむっちりしていて魅力的です。
但し当時の制服姿ではこの太腿は拝めません。
バトン部というのはひょっとするとこの太腿を披露するための設定だったのかなという気もします。
それにしてもありがちなバレー部やテニス部でなかったところが素晴らしいんですが。

No title

うわぁこれですよ 私が子供の時に観てこの世界に入るきっかけになった(笑)パンチラは。
当時小学生だった私は吉川くんがダイスキでこのシーンが頭から離れませんでした。
その後近くの高校のバトン部を見にいったりしたのですよ。

懐かしいものをありがとうございました。」

No title

しげきかいさん

今にして思えば「アンスコ」なるものの存在を知らなかったあの頃。
吉川クンが見せてくれたのは普通のパンティと信じて疑わなかったものです。
でもアンスコであるとわかっても、決してその輝きが失われるものではありません。
パンチラの素晴らしさを教えてくれたお姉様には今でも感謝の気持ちでいっぱいです(笑)。

No title

 平凡パンチの表紙の岡田奈々さんいいですね。早瀬久美さんのバトンガールのコスチュームとほぼ同じ本格的なミリタリー調が嬉しい限りです。
 当時17歳でしょう岡田奈々さんのバトンガール姿が表紙1枚だけというのももったいない気がします。たとえ表紙だけでも何十枚の写真が撮られ、他のポーズも存在したでしょう。バトンガールならば脚を上げたポーズもあり、アンスコが覗いていたこともあったと思われるだけに残念です。彼女もコスプレに目覚め、また撮影が進むにつれカメラマンの口車にのせられてあられもない過激なポーズもしてしまっていたかも知れません。バトンガールならアンスコが覗いていても健康的ととれるのでそんな写真が表紙ならこの号がもっともっと売れていたかもしれません。

No title

>>BTkillerさん

いつも鋭いコメントありがとうございます。

このミリタリー調のコスチュームがアメリカで登場してから少なくとも60年ほどは経っているはずなんですが、いまだに色褪せない魅力がありますね。

最近はともすれば絶滅種になりそうな雰囲気ではありますが、コスプレ感覚を十分に刺激してくれるコスチュームなので、是非今のアイドルたちにも「動態保存」していってほしいものです。

で、全く勝手な想像なんですが、このコスチュームが最初に登場した頃は、ミニスカートではあってもそれほど「めくれる」ことは想定していなかったように思います。
(勿論さすがに当時からアンスコは着けていたでしょうが)

それがだんだんとアクションが激しくなるにつれて、動きやすさも追求してめくれやすい素材やデザインに変わっていったような。
全○本鼓笛バンド連盟の山吹色のワンピースは間違いなくこの延長線上にあるはずです。

極端な言い方をすれば、本来は見せる必要のないパンツ(アンスコ)を、敢えてチラチラさせながら街中を行進する。
伝統的なこのミリタリーコスには、何となくそう思わせてしまうような魔力?が備わっているように思います(笑)。

No title

 れっつやん様 こちらこそ いつも返信ありがとうございます。
 別のサイトで同じく元アイドルの宍戸 留美さんがミリタリー調のバトンガールのコスチューム姿を披露している画像を見つけました。彼女は中学時代にバトン部に所属していた事ですが、赤白の本格的なミリタリー調のコスチュームを着て、明らかにコスプレに目覚めていますね。こちらも嬉しくなる明るい表情です。ただの撮影であっても下にアンスコを穿いて準備はしているでしょう。アンスコが覗いていたらもっと健康的ないい写真だったと思います。
 アイドル時代の岡田奈々さんで忘れられないのが、彼女があるバラエティー番組に出演した時の事です。その番組に体を張った?体力を競うコーナーが有ってその日のゲストの3人の女性アイドルが運動の出来る服装に着替えて出てきました。他のふたりは白のTシャツに白のショートパンツでしたが、岡田奈々さんは上は同じTシャツに下は何と!!テニススコートでした。この格好でゲーム!私の目は岡田奈々さんのみを追いかけていました。現在の様に家庭用録画機器などあまり普及していなかった時代、もちろん私の家には有りませんでした。見逃せばすべてがパーです。3つぐらいのゲームが行われましたが、どんなゲームだったか、ほとんど覚えていません。岡田奈々さんはテニススコート姿というハンデ!?が有りながら表情はハツラツとしていてゲーム成績も常に上位でした。でも最後のゲームは覚えています。誰が一番脚が長いかを競うもので、床に置かれた棒を跨いで3人が立ちました。片方の脚を棒に沿って固定し、反対の脚を横にゆっくりと開脚してゆき、開いた脚の長さを競うものでした。岡田奈々さんは一番後ろに立たされ、司会者にテニススコートを下手のアングルから覗かれながら開脚を行なってしまっていました。その甲斐あって岡田奈々さんはそのゲームで一番となりました。結局、残念ながら私が見る限りテニススコートからアンスコが覗くことはありませんでした。3人とも実力、人気とも遜色ないアイドルでしたが岡田奈々さんが強く印象に残り、営業的な作戦だったのかも知れませんね。
 私はこの事から岡田奈々さんはいい意味でやる時はやるアイドルだったと思います。このような場面に対応できる様に常にアンスコを用意していたとも考えられます。
 平凡パンチの表紙の岡田奈々さんのバトンガールのコスチュームの下に穿いていたアンスコの色は白!!
それも自前のアンスコだったという説に私は到達しました。
 そして表紙で気づいた事が、もうひとつ。画像を拡大すると岡田奈々さんは肌色の網タイツを穿いているようです。脚をきれいに見せるためでしょうか。いかがですか?
sidetitleプロフィールsidetitle

れっつやん

Author:れっつやん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。