FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白うさぎ

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年は卯年です。
ウサギと言えば白くてぴょんぴょん飛び跳ねるイメージですが、考えてみればこれほど当ブログのテーマにふさわしい十二支は他にありません。

そこでそれにふさわしい画像をピックアップしてみました。

jump01.jpg

これはネット上では結構有名な画像ですが、出典元やどこのチアかは不明です。
でもこれだけの豪快なジャンプを白アンスコで披露してくれているのはかなり貴重だと思います。

aobajump.jpg

かつて「青春のパンチラ」でもご紹介した、TVドラマ「おれは男だ!」最終回での青葉高校バトン部のジャンプです。
早瀬久美さん演じるヒロイン吉川クンの白がバッチリ決まっています。

btn06-25.jpg

リンク先の大阪Z80さんのHPから1枚拝借してきました。
演技上のこととは言え、バトンを股に挟むポーズはとてもセクシーだと思います。

kotekijump01.jpg

このブログの永遠のアイドルである、全○本鼓笛バンド連盟のバトン娘たちも勿論欠かすわけにはいきません。
これは90年の大阪花博での全国大会のDVDのキャプで、神奈川の高校(ちなみに今の最強横綱と同じ校名です)のバトン部です。

kotekijump02.jpg

そして上のジャンプの直後に着地したシーンがこの画像です。
いつもながら素晴らしい見せっぷりですね。

princejump.jpg

ジャンプするのは何も女子高生の若さだけの特権ではありません。
かつての都市対抗野球で一時代を築いたPホテルのチアです。

young101jump.jpg

大人系?ということで、モノクロで恐縮ですがもう1枚。
70年2月24日号の週刊プレイボーイに掲載されたヤング101のお姉様の豪快なジャンプです。

そしてジャンプと言えば、我らがメイツを忘れてはいけません。
まずはレッツゴーヤングのビデオキャプから。

matesjump01.jpg

今では見られなくなりましたが、かつては年末の定番だった紅白のオープニング乱舞より。

スクールメイツ_-_NHK紅白歌合戦1976オープニング応援ダンス_.mpg_000041152

これはSA誌の切抜きからですが、地方(おそらく)のイベントのステージでも決して手を抜くことなく、全力で飛び跳ねるのがメイツの素晴らしさです。

名古屋3

最後にもう1枚、ちょっとしたお宝画像をご紹介しましょう。

matesjump04.gif

これもネット上で拾ったものですが、正月の別刷りとは言えメイツが新聞の1面を飾っています。
またスポーツ紙ながら(それでも正統派のスポニチです)「パンチラ」が新聞の1面に正々堂々と掲載されたというのも、ある意味歴史的な快挙?でしょう。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

便利さの代償

 れっつやん様、新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しく御願い致します。
 新年早々、素敵な画像をありがとうございます。デジタルカメラのなかった当時ではこれらの様な決定的な瞬間を撮るには、モータードライブという装置が欠かせなかったと思います。
 私は当時のいわゆる、フィルムカメラにはあまり詳しくないので、正確には解りませんが、このモータードライブはかなり大がかりなものだったと思います。動作音も大きかったと思われるので、モータードライブのついたカメラで、女の子たちを撮ったらかなり目立ったであろうし、奇異な目で見られたことでしょう。価格も安くはなかったであろうし、手入れも大変だったと思います。
 ところが、デジタルカメラの登場で状況は一変します。大掛かりな装置を使わなくても連写が出来るようになりました(デジタル一眼は特に)。現像も、当時はこういった画像はDPE店に言っても猥褻画像と見做されて現像してもらえず、撮影者自身で現像しなくてはならなかったはずです。デジタルカメラなら市販のデジタルプリンターで簡単に画像を高画質で印刷できるし、印刷しなくても、テレビやパソコンの画面で楽しむことが出来ます。こうなればどのような結果を招くかもうお解り頂けますね?
 撮影が便利になったことが、あの素敵な純白のアンダースコートが色付きになるか、それが、ブルマや、スパッツ(勿論これも白以外の色)に置き換わる原因の一つになったと思うのです。
 ちなみにカメラメーカーの二強は、現在はC社と、N社ですが、この二社のカメラに共通した利点は何かご存知でしょうか?これは私なりの解釈ですが、この二社のカメラ(デジタル一眼は特に)は、動作が速く、連写性能や、オートフォーカスも優れています。報道関係のカメラマン(つまりマスコミですね)にとっては、決定的瞬間を絶対撮り逃してはいけないので、必然的にこの二社のカメラに独占されるわけです。メーカーにとっては格好の宣伝材料になりますね。
 一方、日本において一眼レフの開祖と言われるP社のカメラはどうかというと、動作の速さやオートフォーカス、連写性能には重きを置いていないとされます。従って動く物の撮影には向きませんが、風景など止まっているものは二強に引けを取らないばかりか、二強を凌ぐと言われています。実際風景を撮影するカメラマンは連写機能に対しては「そんなものは下手な鉄砲数撃てば当たるってもんだ」として否定的だとされていますし、あの富士山の写真はP社のカメラで撮ったものが多いそうです。
 以上、新年早々長々とコメントしてすみません。撮影の便利さが、女の子のアンダースコートの武装化(アンダースコートの先に述べた変化を私はこう呼びたいと思います)を招いたわけです。平和な時代はもう戻らないのでしょうね(T_T)。

No title

>>s.s,さん

小生はカメラそのものには正直疎いですし、過去にも殆ど投資していないのでそのあたりの事情はよくわかりません。

ただ70~80年代の「白アンスコ全盛期」にもし今のようなネット環境があったらどうなっていただろう、と妄想してみることは時々ありますね。

もっといろいろな貴重な画像や動画が見れていたのかなと思う反面、白の絶滅化により拍車がかかっていたんでしょうか?

小生の個人的見解ですが、「アンダースコートの武装化」は勿論カメラやビデオの機材の進化や、カメコ諸氏のマナーの問題等も影響しているんでしょうが、単なるファッションとしての流行、そしてチアリーディングの急速な競技化による部分も大なのかなとは思っています。

見てるだけに…。

冒頭の学校は関西の港町のM高校ですね(○○石と言えば…)!赤いコスチュームパンツで冒頭の豪快な演技を3年前に見た記憶があります。コスチュームはアンダースコート以外は変わっていません。かつては純白のアンダースコートでこれをやっていたのか(:_;)。
もしネット環境の発達が早まっていたら、純白アンダースコートの消滅も間違いなく早まっていたでしょう。見てるだけにとどめておいた方が良かったということですね(T_T)。
sidetitleプロフィールsidetitle

れっつやん

Author:れっつやん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。