FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チアと東の女王

都市対抗野球チアの西の女王は、過去ログの「短すぎるワンピース」でご紹介した三○自動車京都チアかと思いますが、これに対抗する「東の女王」は今回ご紹介するプ○ンスホテルのチアでしょう。
剛腕オーナーのもと有力選手を集めて野球でも一世を風靡しましたが、チアの方も負けず劣らずなかなか強力でした。

prince01.jpg

西の女王が超ミニとそこから繰り出すハイキックを必殺技にしていたのに対して、東の女王は派手なターンととそれによって豪快に捲れ上がるワンピースがチャームポイントでした。

prince02.jpg

スクールメイツの伝説の赤いワンピースや全○本鼓笛バンド連盟の山吹色のワンピース同様に、このワンピースも明らかに「めくれやすい構造」をしています。
都市対抗は企業対抗の場でもあり、後楽園→東京ドームの応援席は会社をアピールする絶好の場所です。
業種も異なる西の女王への対抗心があったかどうかは定かではありませんが、華やかな演出としてアンスコ丸見えを強調すべくこうしたコスチュームが採用されたのは当然の流れでしょう。

prince03.jpg

アンスコ自体のサイズは格別小さいものではなくごく標準的なものと思われますが、ここまでめくれるとヘソ出しが言わば「標準装備」になってしまいます(笑)。

prince04.jpg

そのヘソ出しのアップ画像ですが、花のホテルウーマンのこの格好は結構萌えるものがありますね。
(都市対抗の場合女子大生チアのアルバイト出演も数多いんですが、この会社は恐らく社員をチアにしていた可能性が高いです。)

prince05.jpg

但しターン連発だけが全てではなく、こうしたハイキック演技もしっかり披露してくれました。

prince06.jpg

90年代に入ると一般的にはチアもバトン娘も白アンスコの着用率が急降下していくわけですが、このチームはまだ白で頑張っていました。
本来このコスチュームだと赤系のアンスコでもおかしくないはずなんですが、白の方が見えた時により美しいというような美意識を感じます。

prince07.jpg

このショットは演技によるものと言うよりむしろ「風チラ」の部類なんでしょうが、なかなか素敵なめくれ方です。

prince08.jpg

迫力満点の桃尻のドアップですがさすがに自分で撮影したものではなく(笑)、かなり以前にネットで拾ったものです。

prince09.jpg

このチームにはワンピースだけではなく、こうしたセパレートタイプのコスチュームもありました。
さすがにワンピースのような訳にはいきませんが、それでもなかなかの見せっぷりです。
この赤いスコートの「ヒラヒラ度」もかなりのものだったんでしょう。

prince10.jpg

剛腕オーナーが諸事情により表舞台から退き、経営合理化で名門野球部も消滅してこのチアを見ることもなくなってしまいましたが、20世紀の貴重な文化遺産として後世に語り継ぐべき存在だと思います。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

大人の愉しみ

今回は、ロイ・リキテンスタインのポップアートを思わせる、クローズアップ画法ですな!
一瞬をとらえたカメラアングルの巧みさといい、躍動する乙女の肢体の輝きをとらえたシャッタースピードの的確さといい、ルネッサンス絵画の裸婦像に全くひけをとらない高い芸術性ですな(そこまで言う!)
ズバリ、ガウンをまとい、ブランデー片手に愉しむ、フェティッシュな大人の愉しみの世界でショウ(芸術を解さない嫁さんとかが見てたら、三行半をつきつけられるかも?)!
メルスィ!!

No title

 れっつやんさん、こんばんは。
久しぶりの更新でしたが、今回も素晴らしいですね。

 このチア、当時東京ドームで見ましたが、このターンでの捲れ上がる
様子には圧倒されました。おっしゃる通り、明らかに捲れ易い構造なの
でしょうね。
 系列会社のチアが大挙応援に来てましたが、もしかしたら彼女達で
すら「見てるこっちが恥ずかしい」と思うほどのサービスぶりでしたね。

 あとこれは趣向の問題ですが、私個人的には、あの日焼け跡が無く
白い足、白いお腹のおヘソ、そして白いアンスコが同時に見えていたら
より満足です。

 おっしゃる通り、花のホテルウーマンが、いくら仕事や研修の一環とは
いえ、この様な衣装でこんな演技までさせられていたなんて、古き良き
時代でしたね。

よくぞ取り上げてくださいました

れっつやんさん

よくぞ「東の女王」を取り上げてくださいました(大感謝!!)。

 私は「東男」ですので「京女」(つまりMMKチア)が大好きですが、MMKは1年に1度、都市対抗の後楽園(東京ドーム)で見るのが限界でした。しかし、プリンスホテルは、じっくりと予選から見ることができました。

 プリンスホテルのメインコスチュームは茶色と白のワンピースです。これは生地が極薄。ターンすれば確実にアンスコが見えるという代物でした。彼女らは踊るだけではなく、応援団のアームモーションもやりますが、グラウンドに向かって拳を突いた後、応援席に勢いよく向き直るという動作だけでも「パンチラ」してしまいます。また、本選(ドームでの都市対抗大会)では体操選手よろしくタンブリングなどしますとアンスコ丸出しの「パンモロ」状態にもなりました。もちろん、ナマ脚です。ワンピース・コスチューム、下着(上下)、アンスコ、シューズの軽装で、応援していました。

 実は私プチは、ほぼ真後ろまで接近(もちろん触ったりはしませんでしたが)して白いアンスコを観察しましたが、いずれも汚れなどなく新品そのものでした。聞くところによると「ホテルマン(ウーマン)は清潔感が第一」というのベースにあり、そのためよく洗っているようです。

 プリンスチアはどんなにパンチラしようが、恥ずかしげもなく堂々と演技しておりました。「白いアンスコは見せてもいいものだ!!」ということを徹底教育されているのでしょうね。

No title

>>白アン大好きさん
>>プチッティさん

小生は残念ながらこのチアを生で見る機会がありませんでした。

生地が極薄だから簡単にめくれてしまう、なるほど画像をみているだけではわからない部分もあるものですね。

このチアの場合生地を薄くしたのは動きやすさを追求するという実用的な理由よりも、いかにして見せる(魅せる)かというビジュアル的な理由の方が大きかったような気がします。

考えてみればホテルってタオルやらシーツやら非常に「白」が目立つ場所ですよね。
そう思うとアンスコも「白」にこだわるというのはある意味当然の流れだったのかも知れません。
お客様に対して(例えば)赤いパンツを見せるのは失礼だし、白こそがホテルウーマンの誇り、こうしたプライドとサービス精神がこの白アンスコにはきっと込められていたんでしょう。

ライダーキックvs.きりもみシュート

西の女王三〇菱京都が丸見せキックが必殺技なら、
東の女王プ○○スホテルの必殺技は丸出しターンですか。
2号ライダーのライダーキックと、
1号ライダーのきりもみシュートのようですね。
これで、プ○○スがブーツを履いていたら、
さしもの三○も霞んでしまいそうですね。
プ○○スはヘソまで全開ですが、
三○も、もう少しでお腹が見えそうな画像が有りました。

No title

いつも楽しく拝見させていただいております。
御ブログの膨大な資料には驚かされるばかりです。
もう見ることがなくなった白アンスコは一定の世代以上にとっては懐かしい光景でしたね。

さて、先日、とても興味深い動画を発見いたしましたので、ご紹介を。
完全に失われてしまったと思われていた白アンスコが超メジャーな場でまだ息づいておりました。
これにはちょっと驚かされましたね。
2と3は、個人的にほぼ理想に近い光景といっても良いほどで、ちょっとした感動すら覚えたものであります。

以下のURLの一部を掲載しますので、ご覧いただければ幸いです

1.
https://www.youtube.com/watch?v=XwDy5iプラスduGgg

2.
https://www.youtube.com/watch?v=be-_TaプラスWMA3g

3.
https://www.youtube.com/watch?v=J91yvDプラスlHp9o

「プラス」を取り除いてご覧ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

No title

>>s.s,さん

なるほど、女王様の繰り出す仮面ライダーばりの必殺技ですか(笑)
自分たちのチームに向けてというよりも、むしろ相手チームをお色気攻撃でノックアウトしようという意図だったんですかねぇ。

アンスコが見えてしまうのではなく、最初から思いっきり見せびらかしてやる、言わば肉食系のチアなのかも知れません。

>>shirodaisukiさん

ご紹介いただいたこの手の動画は、正直これまで余りチェックしたことが無かったので、新鮮な感動がありました。
ミニスカートでこそありませんが、スクールメイツにかなり近い雰囲気を漂わせています。

夢と魔法の王国には、やっぱり清楚な白こそがふさわしい。
永年に亘りエンターテインメントの王道を維持し続けているのが何となく頷けるような気がします。

ありがとうございました。



No title

>れっつやんさん

ご紹介させていただきました動画についてですが、
お気に召していただけましたら何よりでございます。

我々おっさん世代にとって白アンスコは懐かしい思い出です。
以前はNHKでもレッツゴーヤングなどで堂々と放送されておりましたが、
おそらくは、パンチらを連想させるという理由からでしょうか、今では世界的傾向として
日常的な光景としては、ほぼ全てのメディアから消されてしまったような状況です。
白アンスコは、ブルマや短パン、そしてスパッツにほぼ全て変わってしまいました。
それなのに、メジャーな王国でいまだに白アンが残っているのは奇跡的なことと言っていいかもしれません。

さて、夢と魔法の王国には大変に厳しい掟があります。
ダンサーのお姉さんたちはスクールメイツと比較すると皆さんお綺麗で、抜群にスタイルが良くダンスも格段に上手い。
そして、髪型は全て同じに揃えられています。
もちろん、スクールメイツの女の子たちの普通の少女らしい素朴な魅力も捨てがたいですが。
http://www.youtube.com/watch?v=LRh52プラスSQ67rc
個人的には、本来であれば、絶対に見えないはずの長めのスカートが好みです。
懐かしの「レッツゴーヤング」でも滅多になかったものの長めのスカートでの衣装が時々ありました。
スカートが翻って白い布が見えた時には特別のときめきや感動があったものです。

れっつやんさんは、ひょっとするとスクールメイツ風のミニ衣装がお好きなのですか?
夢と魔法の王国ではそのような定番衣装も用意されています。
http://www.youtube.com/watch?v=n5CJプラスHIz8_So
これを見てふと思ったことがあります。
どんなにスカートが短くてもハイキックでもしない限り、そう簡単に中身が見えるものではないなと。
スクールメイツの衣装は、わざとスカートの中が見えるように工夫された衣装だったのかもしれませんね。

No title

長くなり申し訳ありません。
文章を分けることにいたします。
実は、前掲2と3には別バージョンがあります。
http://www.youtube.com/watch?v=f_AbgプラスIF09BI
http://www.youtube.com/watch?v=tsDF-3プラス1UNd4
http://www.youtube.com/watch?v=N7RcUプラスvrWuTI

お気づきかと思いますが、2,3とは違いお姉さんが穿いているのは明らかなビキニショーツです。
スカートがお腹までめくれ上がった姿が実に美しく、生パンを連想させる白い布に激しく萌えてしまいます。
それにしてもアニメでさえパンチらは事実上の規制状況にある現代において、何故この衣装なのか?
美的観点からスパッツや短パンを受け入れず古くからの伝統を重んじているのか、
それともデザイナーさんがセクシーさにこだわったのかその謎を知りたいところですが、それを知る術などありません。

ところで、この場にいた少年たちは一体どう感じていたことでしょう?
もし、自分が少年で親と一緒にいたらと想像してしまいました。
あまりの衝撃と気まずさと何度でも見たくなるようなときめき感に苦悩していたのではないかと思います。
これらの映像を見て、少年時代に戻ったような気持ちになりました。
撮影者の方々、ダンサーのお姉さんたちに深く感謝です。

長文、大変失礼いたしました。

No title

>>shirodaisukiさん

レッツヤンでも80年代に入るとメイツのロングスカート姿が少しずつ増えていきました。
これは当時の流行だった(竹の子族→)ローラー族のファッションを意識していた部分もあったんでしょう。
奇しくもN○Kホールの目と鼻の先で毎週パフォーマンスが繰り広げられていたわけですし。

ロングのメイツを見た瞬間には正直テンションが一旦下がるんですが(笑)、派手なターンでスカートの奥から白のアンスコがチラチラした時には、普段とは違った興奮があったのはよく覚えています。

夢と魔法の王国のお姉様ですが、白がメインの衣装になっているのは恐らくメインキャラのミッキーやドナルドが「色物」であることの対比が理由と思われます。

スカートが白だと、下に色物のパンツを穿いてしまうとかえってヘンな感じに目立ってしまう。
まして子供たちも多く見ているということも考えると、むしろ白のほうが自然でいいという発想も出てきてもおかしくはないような気もします。
さらにスカート自体もある程度の長さがあるわけで、中が見えてしまうことは想定していても、絶えず丸見え状態という訳ではない。

白が健在な理由を自分なりに考えてみたんですが、如何なものでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

れっつやん

Author:れっつやん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。